お気軽にお問い合わせ下さい

052-684-5684

妄想通勤電車

2021/04/14 コラム

私は、会社のある金山まで名鉄電車で国府宮(こうのみや)駅から名鉄金山駅まで通勤しています。

毎朝、国府宮駅を6時55分発の急行一宮行きで名鉄一宮駅まで乗り折り返し中部国際空港行き急行電車に乗ります。

(定期券は、名鉄一宮駅⇔名鉄金山駅まで購入しているのでキセル乗車にはならないのですが一度、定期券の確認を

された事がありました。問題ないのを確すると大きな声で「行ってらっしゃいませ。」と言われました。(笑い))

 

いつもの同じ時間の電車は、いつも同じ場所に座った人を乗せて同じスピードで走っていきます。

私は、するとはなしに、人間観察をする時があります。耳には英会話レッスンの英語の掛け合い会話が流れていま

す。

いつも自分の正面に座る50歳くらいの管理職を思しき男性、休日に床屋に行った?でも、切り方が中途半端ではな

いかなあと思ったりする。

自分の前に週の半分位立つ40歳位の女性、偶々(たまたま)、ICカードが目に入ったから分かった「この人は、地

下鉄新瑞駅まで通勤しているのか……。」「てっ事は、アロー同じ8時30分始業の会社だな。」とか思ってしまう。

コロナ対策で頑なに吊革を握らなくてフラフープしてるみたいに踊っている人、車内放送で大きな会話は控える様

に言っているのにガオガオ名鉄名古屋駅までしゃべり続ける二人の中年男性。「この時間帯に乗る必要性あるのかよ。」

、自分の全財産背負ってるかって思える位の大きなカバンを背負っている男子&女子高校生。「健全な体の発育に悪

影響しないかあ~」っ思ってしまうのは自分だけかな。

他の我社員の方も意外と自分と同じ事を思ているのかもしれませんね。

 

毎日の電車に揺れる間の通勤劇場を皆さんも楽しまれてはいかがでしょうか。通勤時間が単なる時間の消費ではな

く刺激的な新しい世界が広がるかもしれません。

 

🚋🚋🚋🚋🚋🚋

 

M.S

ページトップへ