お気軽にお問い合わせ下さい

052-684-5684

秋の愛岐トンネル群散策

2022/04/04 コラム

秋の愛岐トンネル群散策

 

2021年秋の特別公開「旧国鉄中央線 愛岐トンネル群」へ行ってきました。

「愛岐トンネル群」は愛知・岐阜県境に残る旧国鉄中央線のトンネル群で、春日井市玉野町のJR中央線定光寺駅から徒歩すぐのところにあります。

庄内川渓谷に沿って、1900(明治33)年に開通し、1966年に廃線となった当時のまま残された赤レンガトンネルと紅葉を楽しんできました。

 

愛岐トンネル群

市民グループにより平成18年に40年間薮に眠っていたトンネル群が発見され、片道1.7km、往復約2時間の散策路に4基のトンネルがあります。

トンネル内では、懐中電灯を持参してレンガの積み方を見ることをお勧めします。

SL(C57)の動く動輪、コンサートの開催など、子供から大人まで楽しめる観光と歴史を感じるスポットになっています。

3号トンネル 76.20m

 

3号トンネル内のイルミネーション

 

4号トンネル 75.28m

 

5号トンネル 98.97m ウイングが特徴的です

 

6号トンネルのインバート

6号トンネル333.47mの内68mには、ほかのトンネルにはないインバートが施されています。

軟弱な地質ではトンネルにかかる外力は底面からもかかるため、それに耐えるように地中までアーチを造って強度を高めた構造となっています。

    

 インバート(朱色のレンガ)

レンガの積み方はイギリス積みです

 

紅葉のモミジ

紅葉のモミジを楽しみにしていましたが、残念なことに見ごろを過ぎていました。

 

玉野渓谷

廃線の下を流れる一級河川庄内川は、岐阜・愛知県境の諏訪大橋から下流の玉野渓谷区間では「玉野川」と呼ばれています。

水辺の眺めが美しく、四季を通じて自然を楽しめます。

 

取水堰

定光寺駅を出ると白い水流が見えます。庄内川から発電用水を取水する堰を越流する流れです。

 

次は、ちょっと遠くのまちを訪ねたいと思います。

 

T.I

ページトップへ